忍者ブログ
( *´艸`) いらっしゃいまし。


  きじ検索
  ぷろふぃーる
HN:黒猫★
年齢:2さい
性別:♂オス
生誕:5月25日(日)
職業:魔女の子分
趣味:倶楽部活動

  最新こめんと
[10/03 30bB]
[02/13 ★黒猫★]
[01/29 のら猫]
[11/04 ★黒猫★]
[11/03 ゆーき]
  その他


参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日本ブログ村


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
2018/06/24 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
2009/01/04 (Sun)

タイトル :バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3

<キャスト・スタッフ>
監督 ロバート・ゼメキス

マイケル・J・フォックス(-)
クリストファー・ロイド(-)
メアリー・スティーンバージェン(-)
リー・トンプソン(-)
トーマス・F・ウィルソン(-)
エリザベス・シュー(-)
マット・クラーク(-)
リチャード・A・ダイサート(-)
パット・バトラム(-)
ハリー・ケリー・Jr(-)
ダブ・テイラー(-)
ヒュー・ギリン(-)
ジェームズ・トルカン(-)
クリストファー・ウィン(-)
ショーン・グレゴリー・サリヴァン(-)
ウェンディ・ジョー・スパーバー(-)


<ストーリ>
前作のラストでデロリアンと共に消えたドクを追って開拓時代へ飛ぶマーティ。「2」の目まぐるしい展開とはうって変わって、ほとんどが1885年の世界で繰り広げられる西部劇という作りは懐かしくも楽しい。

<評価>
★★★★★


<コメント>
時は、1885年西部開拓時代。
この時代で、またまた繰り広げられる壮大なストーリー。
シリーズ3作目ともなると、だらだらとして面白くなかったなんて言える作品が多いんだが、これは全く違った。
すごく面白いシリーズである。

にしても、ドク博士。
未来が変わってしまうようなことを、あなたやりすぎww
あと、クララ。ちょっと、鬱陶しく感じてしまった><


最後の、未来から持ち帰った紙(解雇)が白紙に変わっていく場面で、
ドクが、『未来は白紙のようなもの、自分の手で切り開くものだ』っていうセリフがすごく印象的だった。


<Myレビュー>
★黒猫★のレビュー
 

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
2009/01/03 (Sat)

タイトル :バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

<キャスト・スタッフ>
監督 ロバート・ゼメキス

マイケル・J・フォックス(-)
クリストファー・ロイド(-)
リー・トンプソン(-)
トーマス・F・ウィルソン(-)
エリザベス・シュー(-)
ジェームズ・トルカン(-)
ジェフリー・ワイズマン(-)
ケイシー・シーマツコ(-)
ビリー・ゼイン(-)
J・J・コーエン(-)
チャールズ・フライシャー(-)
ジェイ・コッチ(-)
チャールズ・ジェラルディ(-)
リッキー・ディーン・ローガン(-)
ジェイソン・スコット・リー(-)
イライジャ・ウッド(-)


<ストーリ>
未来に行ったマーティが賭けのネタ本として目をつけたスポーツ年鑑が宿敵ビフの手に渡り、彼は過去の自分にその本を手渡す。そのために大きく変化した1985年の世界を救うため、マーティは再び1955年へ。第1作で完結していたにもかかわらず制作された続編。

<評価>
★★★★★


<コメント>
1作目に続き、これまた最高の作品。
未来から持ち帰った1冊の本により、世界が一変!

作目で行った過去が世界を変えてしまうターニングポイントになっていた。
あの1955年っていうのは、ある意味スゴイ年なのではと思った。
1作目の場面との兼ね合いが非常におもしろかった。


<Myレビュー>
★黒猫★のレビュー
 

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
2009/01/02 (Fri)

タイトル :バック・トゥ・ザ・フューチャー

<キャスト・スタッフ>
監督 ロバート・ゼメキス

マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)
クリストファー・ロイド(ドク(ドクター・エメット・L・ブラウン))
リー・トンプソン(ロレイン・マクフライ(ロレイン・ベインズ))
クリスピン・グローヴァー(ジョージ・ダグラス・マクフライ)
ウェンディ・ジョー・スパーバー(リンダ・マクフライ)
マーク・マクルーア(デイヴ・マクフライ)
クローディア・ウェルズ(ジェニファー・ジェーン・パーカー)
トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)
フランシス・リー・マッケイン(ステラ・ベインズ)
サチ・パーカー(-)
ジョージ・ディセンゾ(-)
ジェームズ・トルカン(-)
J・J・コーエン(-)
ケイシー・シーマツコ(-)
ビリー・ゼイン(-)
ハリー・ウォーターズ・Jr(-)


<ストーリ>
1985年10月25日、音楽好きの高校生マーティ(マイケル・J・フォックス)は、知り合いの一風変った科学者ブラウン博士(クリストファー・ロイド)より、夜中の1時すぎに研究室前の広場にくるようにいわれた。ガールフレンドのジェニファー(クローディア・ウェルズ)とデートの約束もすませたマーティが夜中に広場にいくと、そこには改造車デロリアンがある。実はこれはタイムマシンで、その実験をしようとする時、燃料に使うため博士が盗んだプルトニウムを狙うリビアの過激派が襲ってきた。銃弾をあび倒れる博士を後に、マーティはデロリアンで逃げ、時速140キロをこえたため、タイムスリップしてしまった。ついた所は1955年・・・


<評価>
★★★★★


<コメント>
いつ見ても楽しめる最高の作品だと思う。

とてもおもしろく、コレを見ると2作目・3作目とつづけてみたくなってしまう。

<Myレビュー>
★黒猫★のレビュー
 

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
2008/12/21 (Sun)

タイトル :ダイ・ハード3


<キャスト・スタッフ>
監督 ジョン・マクティアナン 

ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)
ジェレミー・アイアンズ(サイモン・ピーター・グルーバー)
サミュエル・L・ジャクソン(ゼウス・カーヴァー)
コリーン・キャンプ(コニー・コワルスキー)
グレアム・グリーン(ジョー・ランバート)
アンソニー・ペック(-)
ラリー・ブリッグマン(-)
サム・フィリップス(-)
ニコラス・ワイマン(-)
ケヴィン・チャンバーリン(-)
シャロン・ワシントン(-)
スティーヴン・パールマン(-)


<ストーリ>
ニューヨーク5番街のビルが、突如、爆破された。中央警察署のコッブ署長(ラリー・ブリッグマン)の元にサイモンと名乗る犯人から、妻ホリーと別れて乱れた生活が続く休職中のマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)をハーレムの指定場所に寄越せ、と要求が入る。ハーレムでストリートギャングに囲まれたマクレーンは危ういところを家電修理店の店主ゼウス(サミュエル・L・ジャクソン)に救われる。署に戻った2人は、犯人は大惨事を引き起こせる特殊な液体爆弾を盗んで使用していると知らされる。そこへサイモンから再び電話が入り、地下鉄の車両に爆薬を仕掛けたと告げた。クイズを出し続けるサイモンに振り回されながら、要求に従い急ぎ車を飛ばす2人。マクレーンは爆走する地下鉄に飛び乗り、必死で発見した爆弾を取り外し、線路に投げ捨てるが、車両は脱線してプラットフォームになだれ込んだ。パニックの現場に現れたFBI捜査官の話では、サイモンは凄腕の国際的テロリストで、爆弾のプロのタルゴとNYに潜伏していると言う。しかもサイモンは、かつて彼が葬ったハンス・グルーバーの兄で、復讐のためマクレーンの命を狙っているのではないかとも。


<評価>
★★★★☆


<コメント>
このシリーズはどれも迫力満点でおもしろい。
この3作目の作品で頭に残ってるところは、公園での謎解きの5ガロンと3ガロンの空のボトルを使って4ガロンの水を正確に測るってヤツ。いつも必死になってなぞ解きをしてしまう

ダイ・ハード4 もすごい大迫力だったけどこの3も結構好きだね。やっぱ視聴率もとれるから何度も放送してるんだろうけどね★



<Myレビュー>
★黒猫★のレビュー

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
2008/12/21 (Sun)

タイトル :マトリックス

<キャスト・スタッフ>
監督 アンディ・ウォシャウスキー、  ラリー・ウォシャウスキー 

キアヌ・リーヴス(ネオ/トーマス・アンダーソン)
ローレンス・フィッシュバーン(モーフィアス)
キャリー=アン・モス(トリニティ)
ヒューゴ・ウィーヴィング(エージェント・スミス)
グロリア・フォスター(予言者(オラクル))
ジョー・パントリアーノ(サイファー)
マーカス・チョン(タンク)
ジュリアン・アラハンガ(アポー)
マット・ドーラン(マウス)
ベリンダ・マクローリー(スウィッチ)
レイ・パーカー(ドーザー)
ポール・ゴダード(エージェント・ブラウン)
ロバート・テイラー(エージェント・ジョーンズ)


<ストーリ>
近未来。コンピュータ・プログラマーのトーマス(キアヌ・リーヴス)は裏稼業ではネオと呼ばれる名うてのハッカーだったが、ある日、突然トリニティ(キャリー=アン・モス)と名乗る美女の接触を受け、彼女に導かれて、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)なる人物に会う。彼はトーマスが生きているこの世は、実はコンピュータが創造した仮想世界で、実際は彼らが造り出した巣の中で夢をみせられているだけだという恐るべき真実を告げる。トーマスことネオはコンピュータの支配を覆す救世主と目されて彼らの仲間に迎え入れられ、仮想空間でコンピュータと格闘できるだけの訓練を受けた。だが、モーフィアスに引き合わされた予言者(グロリア・フォスター)はネオに「あなたは救世主ではない」と告げた。ほどなく、コンピュータの手先であるエージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)に籠絡されたサイファー(ジョー・パントリアーノ)の裏切りで、仲間は次々に消され、モーフィアスは敵の手中におちる。ネオは自分は救世主ではないとトリニティに事実を告げながらも、モーフィアスを救出するため、エージェント・スミスらの元に彼女と共に乗り込む。


<評価>
★★★★☆


<コメント>
やっぱシリーズものの1作品目は最高。
まっ、これがヒットしたからシリーズとして成立するんだろうけどね。

ネオとモーフィアスとの格闘技による戦闘シーンは、好きなんだけど、やっぱり敵のアジトへ侵入していくシーンは迫力があってめちゃくちゃおもしろい。


最後のネオの覚醒シーンがたまらなく良い。まさに救世主!!
にしてもキアヌさん、ちとヒゲが濃い気がする><


<Myレビュー>
★黒猫★のレビュー

ランキング参加中!

1日1回 クリックよろしく!!
  広告


  記事らんきんぐ
  ★週間ランキング★

  ★累計ランキング★
  あくせすらんきんぐ
  広告2
  広告3




PR

Copyright ★黒猫宅急便★ver.2 by ★黒猫★ All Rights Reserved.
忍者ブログ[PR]